カイロプラクティック制度化推進(準備)会議

Chiropractic Legislation Promotional Conference
カイロプラクティック制度化推進
 (準備)会議


本部(I.S.C.内)
 住所:〒279-0011
     千葉県浦安市美浜1丁目
      エルシティー新浦安3番館

運営事務局(JFCP事務局内)
 住所:〒651-0085
     神戸市中央区八幡通3丁目
      2-5-706 JFCP内
 電話:078-230-3691
 FAX:078-230-3692
 Eメール:info@clpc.jp

活動報告


第5回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議 開催
平成30年2月16日

平成30年2月7日 東京虎ノ門 日本消防会館にて、第5回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議(第7回カイロプラクティック意見交換会)を開催しました。

業界より11名(行政担当官はインフルエンザのため欠席)の出席者により、新たな参加団体を迎えてこれまでの活動を整理し、今後の活動方針を決議しました。
制度化に向けて、ようやく行政からの課題に取り組む体制が整いました。

第4回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議 開催
平成29年9月29日

平成29年9月20日 東京虎ノ門 日本消防会館にて、第4回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議(第6回カイロプラクティック意見交換会)を開催しました。

業界より13名、市民団体より1名、行政より2名の出席者により、消費者庁消費者安全課課長通知への対応、臨床安全対策、国内業界の整備計画について協議しました。

『カイロプラクティック業界自主規制』 賛同者の募集
平成29年8月17日

第3回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議で採択された『業界自主規制』の賛同者を募集します。

この『業界自主規制』は、行政担当官との協議に従い、業界の現状から多くの方に順守可能な内容とし、業界の理想は将来目指すべき基準として区別して記載しています。

より多くの業界関係者にこの『業界自主規制』を知っていただくため、賛同者を募集いたします。
賛同いただける方は、こちらのフォームに入力下さい。

賛同者は、リストにて厚生労働省の担当官へ定期的に提出致します。
より多くのカイロプラクターに登録いただくことで、制度化に近づきます。
登録者には、本会議の制度化推進活動の状況をEメールにて情報提供致します。
カイロプラクティックの制度化に向けて、皆様のご協力をお願い致します。

 『カイロプラクティック業界自主規制』のダウンロードは、こちらから。
    

第3回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議 開催
平成29年5月12日

平成29年4月20日 東京虎ノ門 日本消防会館にて、第3回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議(第5回カイロプラクティック意見交換会)を開催しました。

業界より14名、市民団体より2名、行政より4名の出席者により、国内業界の整備について協議し、『業界自主規制』の決定に至りました。また、組織会計業務の準備が整いましたので、会費の徴収を開始しました。

第2回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議 開催
平成28年12月1日

平成28年11月17日 東京虎ノ門 日本消防会館にて、第2回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議(第4回カイロプラクティック意見交換会)を開催しました。

業界より17名、市民団体より1名、行政より3名の出席者により、今後の活動を協議。今回、先行活動している教育・登録団体への講師依頼については引受けていただけませんでしたが、業界の取り纏めに向けて、引続き対話を呼び掛けていくことになりました。

第1回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議 開催
平成28年11月1日

平成28年8月24日 東京虎ノ門 日本消防会館にて、第1回カイロプラクティック制度化推進(準備)会議(第3回カイロプラクティック意見交換会)を開催しました。

業界より14名、市民団体より1名、行政より3名の出席者により、制度化準備への課題として解決しなければならない業界の問題点が明確になりました。また、会議体の組織化に関して、会費負担と加入手続きを協議しました。尚、本会議終了後より団体会員の登録を開始しました。

これまでの活動
平成28年11月1日

本会の活動は、平成27年8月20日の第1回カイロプラクティック意見交換会(業界団体より18名、市民団体より1名、行政より3名が出席)に始まり、カイロプラクティックの法制化に関し、行政ご担当者からのご指導をいただきながら、約1年間に渡り業界内部の調整会議を重ね、法制化への課題と業界が抱える問題の共有を図りました。

その後、平成28年7月13日の業界調整会議において、より具体的な活動を目指し、会議体の組織化と名称変更を決議しました。