カイロプラクティック制度化推進会議

Chiropractic Legislation Promotional Conference

カイロプラクティック
制度化推進会議


本部(I.S.C.内)
 住所:〒279-0011
     千葉県浦安市美浜1丁目
      エルシティー新浦安3番館

運営事務局(JFCP事務局内)
 住所:〒651-0085
     神戸市中央区八幡通3丁目
      2-5-706 JFCP内
 電話:078-230-3691
 FAX:078-230-3692
 Eメール:info@clpc.jp


新型コロナウイルス感染症の5類感染症への移行に伴うカイロプラクティック等の徒手療法事業所における感染予防対策


日本健康マスター検定 取得を推奨します

『徒手療法師』 資格認証

一般社団法人 日本徒手療法師会
お問い合わせ Mail


「カイロプラクティック制度化推進会議」の目的と活動

※「カイロプラクティック意見交換会」「カイロプラクティック制度化推進(準備)会議」から名称が変わりました。


当会議は、主に事業者並びに施術者で構成される団体の代表者が集まり、業界を取り纏めるための意見交換を行い、業界秩序を構築し、カイロプラクティック療法の制度化推進を行うことを目的としています。
当会議は、国内法に基づく行政の指導を仰ぎ、国民に対しての安心で安全な施術提供環境を確立し、カイロプラクティック療法が国民の健康回復・増進の選択肢の一つとして認知された法制化の実現を目指した活動をおこなっています。
   
2020年10月1日、資格制度化へ向けての第1段階(基礎資格認証)として『徒手療法師』資格認証の開始に伴い、当会議の名称より(準備)を削除し「カイロプラクティック制度化推進会議」となりました。


最新情報





第21回 日本健康マスター検定 申込開始
  第21回検定試験 2024年6月20日(木)〜2024年7月10日(水) の申込が開始されました。
  『徒手療法師』資格認証希望者には、日本健康マスター検定の「健康マスター・エキスパート」取得を推奨しています。
  当会議を窓口にした団体申込みによって、受験料とテキスト代の割引が受けられます。
  団体申込の方法はこちらをご覧ください。



『頚椎への危険な手技と解説』を公開しました
  旧厚生省の医事課長通知による指摘(平成3年6月28日付け医事第58号「医業類似行為に関する取扱いについて」)に基づき、頚椎への危険な手技を解説することによって、危険な手技と安全な手技の違いを明らかにすると共に、適切な専門教育と訓練の必要性から、未熟な者による手技の禁止と再教育、資格制度化の重要性を訴えます。
  出来るだけ多くのカイロプラクティックや徒手療法の事業所で、当資料をお役立ていただけるよう願っております。
  
  当会議による危険な手技の禁止への取り組みにつきましては、こちらのページをご覧ください。



第21回カイロプラクティック制度化推進会議 開催予定
   日時:令和6年9月または10月頃
   会場:東京近郊
   オブザーバー参加可能です。希望者は事前にご連絡下さい。



令和5年5月8日以降のカイロプラクティック等の徒手療法事業所における感染症対策を公開しました
  令和5年5月8日、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけの変更により、業種別ガイドラインが廃止されました。
   当会議と一般社団法人日本徒手療法師会では、行政窓口等からの情報提供を受け、医師の星旦二先生の監修の下、業界の自主的な感染症対策として利用できる簡易なマニュアルを作成しました。 これまでの業種別ガイドラインに引き続きまして、5月8日以降の事業所での感染症対策としてご利用ください。

  カイロプラクティック等の徒手療法事業所の責任者の皆様には、以下の対策と、地域の感染状況や各自治体の方針等を踏まえて、適切な感染症対策を講じていただきますようお願いいたします。
  

  当会議による『新型コロナウイルス感染症の5類感染症への移行に伴うカイロプラクティック等の徒手療法事業所における感染予防対策』は、
  こちらのページをご覧ください。



『カイロプラクティック事業所における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』を改訂(第6版)しました
  内閣官房から担当課経由で連絡いただいた、業種別ガイドラインの見直しのためのポイントに沿って、最新情報(専門家の提言、政府事務連絡、業種別ガイドラインの改訂事例等)を踏まえて内容を見直し、行政機関の助言を得ながら第6版への改訂をおこないました。
  出来るだけ多くの、カイロプラクティックや徒手療法の事業所で、当ガイドラインをお役立ていただけるよう願っております。
  
  当会議による新型コロナウイルス感染症対策につきましては、こちらのページをご覧ください。



内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策ホームページ「業種別ガイドライン」に掲載されました
  当会議と「一般社団法人 日本徒手療法師会」による『カイロプラクティック事業所における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン第3版』が  内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策ホームページの『業種別ガイドライン 令和3年3月30日時点』に掲載されました。

  詳しくは、こちらのページをご覧ください。




『徒手療法師』資格認証を開始しました
  カイロプラクティックの資格制度化の実現を目指して、2020年10月1日より当会議による資格認証を開始しました。
  まずは、当会議の会員向けに先行申込を受付けておりますので、認証取得を希望する団体・個人は、お問い合わせ下さい。
  『徒手療法師』資格認証につきましては、こちらをご覧ください。



日本健康マスター検定 団体申込のご案内
  当会議では『徒手療法師』資格認証にて、日本健康マスター検定の「健康マスター・エキスパート」取得を推奨しています。
  この度、検定運営団体「一般社団法人 日本健康生活推進協会」への団体申込登録をおこないました。
  当会議を窓口にした受験申込みによって、受験料とテキスト代の割引が受けられます。
  団体申込の方法はこちらをご覧ください。

  利用者(お客様)には、日本健康マスター検定の「健康マスター」取得を奨励しています。
  ご自身の健康維持のための健康知識向上にお役立てください。



業界全体の連携へご協力ください
  日本のカイロプラクティックを守るために、団体・組織を越えた、当会議の活動へご賛同ください。



『業界自主規制』を採択 賛同者の募集を開始しました
  業界全体に広く賛同者を募ります。詳しくは、活動報告をご覧ください。