カイロプラクティック制度化推進会議

Chiropractic Legislation Promotional Conference
カイロプラクティック制度化推進
会議


本部(I.S.C.内)
 住所:〒279-0011
     千葉県浦安市美浜1丁目
      エルシティー新浦安3番館

運営事務局(JFCP事務局内)
 住所:〒651-0085
     神戸市中央区八幡通3丁目
      2-5-706 JFCP内
 電話:078-230-3691
 FAX:078-230-3692
 Eメール:info@clpc.jp

新型コロナウイルス感染症対策


★ 全世界的な脅威となっている『COVID-19』への感染症対策として、団体や組織の枠を超えたカイロプラクティック業界全体での取組が急務となっています。
★ 既に、業界では感染症対策への様々な取り組みがおこなわれていますが 、当会議として業界共通ルールを構築することで、安心して事業を継続し、また、お客様にご利用いただける事業所の見える化を促進して参ります。
★ 私達カイロプラクティック事業者とカイロプラクティック業界は、政府や公的機関、研究機関や医療機関の発表や方針に従い、日本国内の感染症対策に協力いたします。
★ 当ガイドラインは今後の状況に応じて、随時、見直し・改訂を図る予定としています、ご意見やご質問は、当会議の運営事務局まで、できればEメールでご連絡下さい。

内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策ホームページ「業種別ガイドライン」に掲載されました
新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン
当会議と「一般社団法人 日本徒手療法師会」による『カイロプラクティック事業所における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン第3版』が、内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策ホームページの『業種別ガイドライン 令和3年3月30日時点』に掲載されました。
  
     内閣官房HP 業種別ガイドライン
  
掲載場所は「13.生活必需サービス(20ページ)」、カイロプラクティックとしては「一般社団法人 日本カイロプラクターズ協会」のガイドラインとの同時掲載となりました。
  
  
当ガイドラインは、カイロプラクティック事業所だけに限らず、広く徒手療法事業所全般にて使用していただけるよう工夫しております。より多くの事業所で感染症対策にお役立ていただけることを望みます。
  
尚、当ガイドラインについて、ご質問やお問合せ、ご相談などございましたら、当会議の運営事務局までメールにてご連絡いただきましたら、対応させていただきます。
  
この度の内閣官房HP 業種別ガイドラインへの掲載にあたり、改訂に携わっていただきました代表委員の皆様と監修いただきました星旦二医師、また、厚生労働省、経済産業省、内閣官房にてご担当いただきました方々に感謝申し上げます。


当ガイドラインのダウンロードは、こちらから。

『カイロプラクティック事業所における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』の改訂(第3版)
変異型ウイルスによる感染割合の増加への懸念や、更なる新型コロナウイルス感染症の拡大に備えて、今一度、当業界の事業所における感染症対策を見直すべく、行政機関の助言を得ながら第3版への改訂をおこないました。
  
主な改定内容は、これまでの感染拡大の経験から明らかになってきているクラスター等の最新情報からの見直しを行うと共に、『新型コロナウイルス感染症対策分科会』より新たに提言された『感染リスクが高まる「5つの場面」』を反映し、感染防止に有効な厚生労働省提供の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の利用推奨を明記しました。
  
また、ガイドラインとしての本質を重視して、状況の異なる様々な事業所で抵抗感や違和感なく利用していただけるよう柔軟な表記への変更をおこなっております。

当会議は『一般社団法人 日本徒手療法師会』と共に、出来るだけ多くの、カイロプラクティックや徒手療法の事業所で、当ガイドラインをお役立ていただけるよう願っております。